HOME > ぐるてんのおいしい生活 > ライ麦レーズンパンのレシピ

ライ麦レーズンパンのレシピ

2018年3月10日

ライ麦レーズンパンのレシピ

たっぷりのレーズンとクルミを加えて香ばしく焼きます。チーズによく合うパンです。ワインとの相性もよい。ドライフルーツやナッツを変えてアレンジしても楽しいですよ。

ライ麦は特きりんを使用。好みで挽きの細かさが選べるのが嬉しい。
写真は細タイプを使用しました。細タイプはライ麦の食感が楽しめます。

<材料>

140cc
ジャパネスク または 北みのり 175g
ライ麦粉 特きりん(ホソ) または 特きりん(コナ) 75g
5g
はちみつ 10g
バター 10g
白神こだま酵母ドライ 3g
レーズン(オイルコーティングのレーズンの場合、お湯で洗って水気を拭いておく) 20g
くるみ(160℃のオーブンで5分か空煎りして粗くつぶしておく) 20g

一言コメント

ライ麦を混ぜるとふくらみが悪くなるので、釜伸びのよいジャパネスクを使いました。

作り方

  • 1作り方レシピ

    白神こだま酵母ドライを水大さじ1(15cc)でといて5分おく

  • 2作り方レシピ

    レーズンとくるみ以外の材料を順番に加えて、ミックスコールがなるようにセットしてスタート

  • 3作り方レシピ

    ミックスコールがなったら、レーズンとくるみを加えて、またスタート

ポイント

  1. 材料の水は冬場は25℃~30℃、夏場は15℃~20℃にしておくと、イーストの働きがよくなります。
  2. レシピでは白神こだま酵母ドライを使っていますが、インスタントドライイーストを使用する場合は、水でとかずに、加えてください。小麦粉をとく水に20cc加えてください。
  3. イーストは水と一緒になってから長時間たつと、パンのふくらみが悪くなるので、白神こだま酵母ドライはタイマーを使用するときにはむきません。
    ※イーストは塩と直接触れると働きが悪くなるので、離して加えましょう。
  4. 焼きたてのパンは蒸気が上がっているので荒熱が取れるまで冷ましますが、乾燥を防ぎたいので、冷めたらすぐにビニール袋に入れて保存しましょう。

手ごねで作業する場合

  1. 水類をこねるボールに入れて、塩・砂糖類・油類を溶かす。粉半量とイーストを加えてよくかき混ぜて滑らかになったら残りの半量を加えて全体を混ぜてまとめる。なめらかになるまでこねる。
  2. 発酵1時間(全体が膨らんで2倍くらいのおおきさになるまで)
  3. ガス抜きをして、丸めなおす。
  4. 食パン用に型にいれて、約1時間発酵。
  5. 焼成。スチームなしで200℃~220℃で25分から30分。
  6. 型から出してさます。
    ※ナッツやドライフルーツを加えるときは、(1)の工程中に加えてまとめてください。

美味しいパン、お菓子のレシピ記事

ブログ一覧に戻る