HOME > ぐるてんのおいしい生活 > 春よ恋 試作レビュー

春よ恋 試作レビュー

2018年7月7日

こんにちは
ぐるてん製菓製パン担当のSです。
みなさんの材料選びのお役にたてる様、試作をしてレポートさせていただきます。

第一弾は粉選びのお手伝い。北海道産小麦「春よ恋」について。
今回比較するのは3種類、
春よ恋 ストレート
春よ恋 ロイヤルストーンF
春よ恋 ロイヤルストーンA     です。

粉の色の差、分かりますか?
左が①真ん中が②右が③で徐々に色が濃くなっています。
これは小麦粉の灰分の違いによるものです。
3つの粉はすべて「春よ恋」という種類の麦を挽いたものですが、
①→③は灰分(皮の部分)が少ない→多いとなっています。

この皮の部分、フスマと言われていますが食物繊維・ビタミンといった栄養素が含まれています。
それぞれの粉で食パンを焼いてみました。

①春よ恋 ストレート

強力粉に比べるとやや小さめ。

②春よ恋 ロイヤルストーンF

①とサイズは変わらず、色が濃くでています。

③春よ恋 ロイヤルストーンA

極端にサイズが小さく、どっしりした感じで色も濃いです。

香りの強さは①→③と強くなり、③は焼いている間の香りがとても濃いです。
食べた感想は・・・
①は一口目から優しい甘みを感じ、もっちもちの食感、
②は歯切れの良さともちもち食感の両方を楽しむことができるのが特徴、
③はどっしりとしたパンで食パンというより田舎パンのイメージ、
食物繊維をたっぷり食べている感覚になり身体が喜ぶ味でした。
③はパンの濃いのでしっかり味のいちじくジャムと合わせて食べました。これが絶品!!

食パン用で春よ恋を購入する場合、
もっちもち食感を求める方は→①春よ恋ストレートを、
歯切れとモチモチ食感を求める方は→②春よ恋ロイヤルストーンFを、
どっしりみっちり食感と濃い麦の味を求める方は→③春よ恋ロイヤルストーンAを、
おススメします。

もちろん、②や③は単体でなく①にブレンドして使用する方法もあり、今後徐々にアレンジメニューを紹介していきます。
次回は食パンのアレンジレシピをお届けします。

美味しいパン、お菓子のレシピ記事

ブログ一覧に戻る