HOME > ぐるてんのおいしい生活 > 「混ぜるだけもち麦・十六穀」のご紹介

「混ぜるだけもち麦・十六穀」のご紹介

2019年3月16日

こんにちは。
ぐるてん製菓製パン担当のSです。
みなさんの材料選びのお役にたてる様、試作をしてレポートさせていただきます。

今回は「混ぜるだけもち麦」と「混ぜるだけ十六穀」をご紹介します。

パックをあけると粒粒の穀物が出てきます。
加熱してあるのでこのままでも食べられるし、パンに練り込み、炊きたてご飯に混ぜたり様々な方法で楽しむことができます。
この2つを練り込んだベーグルを紹介します。

<材料)>

春よ恋はるきらりブレンド 100% 400g
もち大麦粉 1% 4g
食塩 2% 8g
バター 5% 20g
砂糖 5% 20g
バター 5% 20g
65% 260g
混ぜるだけもち麦/十六穀 25% 100g
  • 1

    ボウルにバター以外の材料を入れカードで混ぜる

  • 2

    捏ね・休ませを交互に行い

  • 3

    バターを加えて

  • 4

    滑らかな生地にする

*混ぜるだけもち麦 100g(1袋)

  • 5
  • 6

    27℃に捏ね上げ、

  • 7

    一次発酵60分

  • 8

    80gに分割して丸める(400g仕込みで10個できます)

  • 9

*混ぜるだけも十六穀 100g(1袋)

  • 5
  • 6

    27℃に捏ね上げ、

  • 7

    一次発酵60分

  • 8

    80gに分割して丸める(400g仕込みで10個できます)

  • 9

共通作業

  • 10

    ベーグル状(リング状)に成形

  • 11

    最終発酵
    35℃30分

  • 12

    沸騰した湯の中で30秒/面ほど茹でる

  • 13

    焼成220℃10-13分

  • *混ぜるだけもち麦使用ベーグル
    プチプチ食感とモッチモチ食感が特徴。
    そのままでもジャムやハムと合わせても楽しんでいただけます。

  • *混ぜるだけ十六穀使用ベーグル
    穀物の香りが香ばしく和菓子の様な印象もあり、あんバターサンドもおススメ

もち麦や十六穀をパンに入れて食べることで食物繊維やミネラルがプラスされて、栄養価が上がります。

混ぜるだけシリーズは100gのつかいきりサイズになっています。
400g仕込みで10個のベーグルが作成できますので、食べきれない場合は冷凍保存して食べたいときにベーグルを楽しんでください。
冷蔵庫にあるものでサンドイッチにしたり、トッピングしてトースターで焼けば手軽な食事やお酒のお供になります。

  • ベーグルサンド

  • パックに入れてサンド弁当

ピザトースト一例

  • 1

    半分にカットし、

  • 2

    左)バジルペースト
    右)マヨネーズ

  •  

    左)トマト
    右)玉ねぎスライス・ソーセージ

  • 3

    ピザチーズをかける

  • 4

    トースターで焼いて出来上がり

サクッと軽い食感をたのしむことができます。
バジル・マヨネーズ・トマトソースなどオリジナルのピザトーストを作ってみてください。

次回も「混ぜるだけもち麦」「混ぜるだけ十六穀」の美味しい食べ方を紹介します 。

美味しいパン、お菓子のレシピ記事

ブログ一覧に戻る