HOME > ぐるてんのおいしい生活 > 「混ぜるだけもち麦・十六穀」の美味しい食べ方

「混ぜるだけもち麦・十六穀」の美味しい食べ方

2019年3月23日

こんにちは。
ぐるてん製菓製パン担当のSです。
みなさんの材料選びのお役にたてる様、試作をしてレポートさせていただきます。

今回も「混ぜるだけもち麦」「混ぜるだけ十六穀」の美味しい食べ方をご紹介します。
甘くないケーキ、”ケークサレ”に十六穀を練り込んで焼きました。

*ケークサレ

春よ恋はるきらりブレンド 100g
ベーキングパウダー 5g
110g(2個)
牛乳 100g
オリーブオイル 50g
粉チーズ 30g
混ぜるだけ十六穀 50g
ベーコン 20g
ダイスチーズ 15g
  • 1

    ボウルに卵を入れオリーブオイルを入れて混ぜる

  • 2

    粉チーズを加え

  • 3

    振るった粉類を加え

  • 4

    牛乳を加えてなまらかな生地にする

  • 5

    具材を入れて混ぜる

  • 6

    型に流しいれる(8割程度)

  • 7

    焼成
    180℃40分

朝食や夜食、小腹がすいた時に栄養バランスの良いケークサレ。
穀物の食感とチーズの味がよく合います。

混ぜるだけシリーズは他にも楽しめます。

*炊き上げたご飯に混ぜて

もち麦は冷めてもパサつかないので、おにぎりにしてお弁当にしてもプチプチ食感を楽しめます。
炊き込む必要がなく、炊きあがったご飯に混ぜるだけなのとっても簡単。家族でもち麦派・十六穀派と志向が分かれても大丈夫。

  • *スープに入れて

    春キャベツスープに入れました。プチプチ食感がお好きな方は食べる直前に“混ぜるだけもち麦”を入れてください。トロッとした食感がお好きな方は”混ぜるだけもち麦”を鍋に入れて煮込んでください。

  • *サラダに

    まぜるだけシリーズは加熱処理してあるので、開封したらそのまま食べられます。ツナ・玉ねぎと合わせてマヨネーズで和えてサラダにしました。ミニトマトに詰め込めばかわいい前菜に。グリーンサラダに粒粒のもち麦をトッピングしてもプチプチ食感がプラスされて満足感がアップします。パンだけでなく、様々なメニューと相性が良いので、是非いろいろアレンジしてみてください。ダイエット食材としても強い味方ですが、穀物の香ばしい味とプチプチ食感が本当に美味しくクセになるので食べすぎにはご注意ください。

美味しいパン、お菓子のレシピ記事

ブログ一覧に戻る